お客様の笑顔に会いたくてデザイナーから不動産業界へ転身!子供第一不動産ハウスマン山田さんの仕事への想いに迫る!

  1. キーマンインタビュー

本日は埼玉県川越市に本店を構えるHOUSEMAN ~ハウスマン~の株式会社ネクストの山田さんにお話を伺いました!以前PR BASEにてご紹介させていただい事がきっかけとなり、今回のハウスマン山田さんへのインタビューが実現しました!

ー 山田さん、本日はよろしくお願いいたします。まず始めにYouTubeチャンネルを2020年9月に開設にされていますが、始めたきっかけを教えてください。

最初はふわっとした形で始めました。YouTubeで物件を紹介する事が一般的にも広く知られてきていたので、その流れの中で新しい取り組みをしていこう!という、最初はその気持ちだけで動き出しました。私が元々デザイナーだったので、最初の動画投稿は何も考えず、試しに絵を描いて出してみました。

ー 鬼滅の刃のイラストが本当にお上手で、印象的でしたね!

ありがとうございます!今ではお客様・視聴者が何を欲していて、どのように届ければいいか日々考えております。ただ単に物件を紹介するだけだと退屈させてしまうかもしれないし、じゃ、人口音声を入れてみようか、違うところにピントを合わせてみようか等、今は色々試しているところです。

ー 前職はデザイナーとのことですが、山田さんがハウスマンに入社されたのはどういった経緯からですか?

副職期間が2年ほどで、反響・契約が集まりだし、正社員になりました。副職時代からハウスマン サイトの編集・デザイン等を行っておりました。

 では、ハウスマンとの最初の出会いは、ホームページの制作依頼だったのですか?

いえ、出会いは違う形でした。もともと前職は、子どものおもちゃの企画デザイナーをしていて、企画数、商品数ともに順調で、企画デザイナーとしては成功していました。しかし、お客様の声は届くけど、実際におもちゃを手に取ってくださったお客様の表情が見られない事が引っかかっていて…。そんな事を思っていた頃、結婚を機に職場を近くしたいという思いや、マイホームを購入するタイミングが重なりました。そのマイホーム購入でお世話になった不動産会社が、ハウスマンだったのです。

ハウスマンは、自分が思っている不動産会社のイメージと全く違ったんですよね。徹底して手厚くサービスしてくれて、住んだ後のことも一緒に考えてくれたり、営業と言うより、横に立って一緒に考えてくれる存在でした。もともと、転職がうっすらと頭の中にあったので、このサービスを自分もやりたい!と思いはじめました。

マイホーム購入は人生の大きな分岐点だと思うので、その時にお客様の助けになりたい!お客様の笑顔に会いたい!という思いがものすごく強くなり、すぐに電話しました。「手伝わせてくれないか?」と。最初はテスト期間として、お手伝いで働いていたのです。

ー 最初の出会いは、山田さん自身がお客様だったのですね!デザイナーから不動産業界に転職された事が不思議だったのですが、その理由に納得しました。とても素敵な出会いですね!当時から『こども第一』というコンセプトだったのですか?

『こども第一』は私が付けたんです。社長と話し合い、ハウスマンのサブタイトルというか、コンセプトを付けた方がいいと話し合いました。

前職でおもちゃのデザインをやっていた事もあり、常に子どもの気持ちを考えてきましたが、一般的にもお家を買う時には、子どもの事を第一に考える人が多いと思うんですよ。だから小学校までの距離や通学路、お家の設備も、子育て世代は様々な事が気になると思うので、まずは子ども第一でやっていこうということになりました。子どもを第一で考える、その親御さんを第一に考えるという事で、『こども第一不動産ハウスマン』が誕生しました。

ー 最初は副職だったとのことですが、前職のデザイナーの仕事をやりながらのお手伝いだったのですか?

はい。当時本業のデザイナーの仕事が休みの日に、ハウスマンに働きに来ていました。好きで来ているという感じだったのですが、大変は大変でしたね。

ー その中で宅地建物取引士の資格も取られていたり、忙しい中で努力されていたのですね。山田さんの動画を見ているとお話が相当上手で、宅建の勉強法を紹介している動画はまるで本物の講師のようですが、その話術も勉強されたのですか?

話術の勉強は全くしていないです!前職はクリエイターの世界で、直接人と話す仕事では無かったですし…。でも人が好きで、人と話す事は大好きです!

ー 話し方もそうですが、YouTubeにおいて、気をつけている事はありますか?

はい。構成はかなり考えています。物件紹介の場合、まず物件全体をざーっと見て回ってから、伝える順番など、毎回動画を作る度に考えています。撮影も編集も私が一人でやっているので、撮影の時から編集過程も考えています。

ー 動画の中で、設備等の説明もしっかりされていますよね。売買物件の仲介がメインだと思いますが、動画に載せる物件の選定はどのように行っていますか?

物件の選定は、私がレインズ(不動産会社のみ利用可能な物件検索システム)で物件を探し、物件の構造、間取り図等をみて、マップで場所を確認して決めています。間取り図や物件概要でいいなと思っても、実際に行って見てみて、「ん〜?」と思ったら、申し訳ない気持ちでお蔵入りの形を取っています。

ー 熱心に取り組まれていて素晴らしいです。PR BASEではこういう不動産会社の努力や思いを伝えていきたいです。YouTubeチャンネルの登録者数や再生数を増やす為の努力もなさっているのですか?

登録者数には『100人の壁』があるらしいので、まずは100人の登録者を目指しています。その為に、社長とは喧嘩になる勢いで改善案を相談していて、毎回やり方を変えてみたり、申し訳ないと思いながらラムエイさんやゆっくり不動産さんの動画を真似てみたり…。試行錯誤の連続ですね。

 YouTubeはチャンネルの個性が大事だと思います。山田さんのしゃべりは個性があり、とても話し上手で私は尊敬しています!その個性を活かし、続けていって伸ばして欲しいです!ホームページのブログも面白いですね。

ブログは僕が感じた事をそのままを書いています。物件を見て思った事など、コピペは使わず書いているので何本も載せる事はできませんが、ひとつひとつ丁寧に考えて書いています。YouTubeを使って不動産の流れがすごく変わってきていますよね。今までのやり方ってこれからだんだんなくなっていくと思うんです。

これから不動産を購入する層は、大抵の人がYouTubeを見た事があると思います。不動産を紹介する側も、YouTubeを若い世代がどんどんやっていくと、全体的に大きく流れが変わって行くと思うので、このタイミングで私たちも取り入れていかないと!と思って始めました。

ー ポータルサイトの情報量が限られている中で、山田さんの動画はとても詳細に説明されているので物件の事がよくわかります。

今一番新しい動画で、新しい試みを始めています。

最近は主にケイアイスター不動産様の新築戸建てを紹介していまして、年間棟数も多い会社様なので、新築戸建ての建て売りを探すとなると、絶対に触れるところだと思います。

それに対して、物件の『設備を徹底して紹介していく』というのを、これからシリーズとしてやっていこうと思うんですよね。そこまでやり込んでいるYouTuberさんはあまりいないと思うので、設備に観点を置いて紹介していきたいなと思っています。不動産の仲介をやっている方は知っている情報でも、お家を初めて購入される方は初めて知る情報は多いです。新築物件は、見た事の無い新しい設備がいっぱい入っているので、最新の玄関やキッチンの新しい変化を伝えたり、ペアガラスとは?等、詳細に説明していこうと思っています。だから動画はすごく長いのですが、それでも増やしていこうかなと。

ー 今後の目標や展開を教えてください。

まずはチャンネル登録者数100人突破です。そして、埼玉県で地域密着した不動産YouTuberはまだあまりいないと思うので、この席にしっかり座って、不動産に悩んでいる方に、まずは動画で助けてあげたいです。ハウスマンチャンネルを見ていれば、ある程度の知識や、新築物件ってこういうものだという事が知識として入ってくると思います。そうして、新しいお家を買う人にとっても安心材料になることが何より重要なので、動画を見てもらえる機会を増やしたいと思っています。

更にその上で最も大切な事は、私自身が成長する事です。物件を紹介していく中で、珍しい設備など、建売物件ではなかなか見ることがない私が知らない設備があると、それに対して掘り下げて勉強する事があります。たくさんの知識を全部吸収して、いざ私の前にお客様がいらっしゃった時に全てを出せるという人間を作る事、それが一番の目標です。それがないと、反響が来たとしてもお客様を悲しませてしまうだけなので。

ですから、自分自身の成長が、今後の大きな目標です!

ー ハウスマンのYouTubeチャンネルが成長する事によって、山田さんも成長し、最強になるということですね。

それを夢見ています!笑

山田さん、本日はありがとうございました!

埼玉が取り上げられているケースも増えていますし、面白い取り組みを始める会社さんも増えてきているので、今後、埼玉の不動産が盛り上がって来ると思います。私はハウスマン山田さんに期待して追い続けたいと思います。

関連する記事