【住まいの実態調査】20-30代男性の現在の居住状況アンケート実施

  1. 調査

インターネット調査を通じて、様々な住まいに関わる調査を行っていこうと思います。第一弾は広く今の20-30代の方がどの価格帯のどんな家にお住まいかアンケートを行いました。今回は年代で地域、既婚未婚問わず行っておりますので、反対に広く見たときの、一般的な割合を知りたいと思い、このような形にしました。なので、精度が〜等は一旦無しでお願いします!

アンケート対象男性 20代 30代 未既婚 職業全体 地域全体
デバイス(OS)iOS + Android
人数100名
SmartSurvey利用 2021年2月実施

第一問 現在のお住いの契約形態は?

賃貸:集合住宅が45%でトップ、賃貸:戸建てが26%、持ち家:一戸建て19%となっております。賃貸戸建てが2位なのか、、ここはもう少し掘り下げたくなってきますね!

賃貸:集合住宅 45%

賃貸:戸建て 26%

持ち家:戸建て 19%

第二問 現在の賃料及び、購入価格は?

ここでは賃料や購入価格について。賃料5-10万がボリュームゾーンなのは感覚値としても合っている気がします。また、購入では1,000万〜5,000万がほとんどですね。ここも感覚値としては全国でみたときには合っている気がしますね。

賃貸:5-10万円 42%

賃貸:5万円以下 12%

持ち家:1,000-3,000万円 12%

持ち家:3,000-5,000万円 11%

第三問 現在の間取りは?

ここはかなりバラける結果に。17%は4LDK以上ですね。ここは戸建ての比率が影響している気がしますね。

まとめ

今回のアンケートをまとめてみると、、

賃貸の割合が71%(集合住宅・一戸建て含む)

賃料は5-10万円がボリュームゾーン

購入価格は1,000万〜5,000万円がボリュームゾーン

ということがわかりました。20-30代では賃貸と売買が半分くらいかな?と思っていたので、ここは意外でした。是非、ご自身と比較してみてください。


PR BASE編集部

毎日不動産会社のニュースをお届けします!

Twitter・Facebookで不動産会社のニュースを毎日発信中


関連する記事