Instagramで売買物件が売れる時代に!?KIZUNA FACTORYが挑むSNS戦略(続編)

  1. キーマンインタビュー

本日は2021年の3月にインタビューさせていただきましたKIZUNA FACTORY(キズナファクトリー)の稲垣社長に改めてインタビューの機会をいただきました。

■前回のインタビュー記事

SNS戦略で見据える未来の不動産業界【株式会社KIZUNA FACTORY(キズナファクトリー)】

今のSNSのトレンドがどうなっているのか探っていきたいと思い、インタビュー第二弾をお届けします!なぜ稲垣社長にもう一度インタビューしたいと思ったのかというと、実はTOKYO不動産大学Instagramでした。

実は前回のインタビュー当時(2021年3月頃)のInstagramの投稿は以下でした。

あくまで、東京不動産大学のYouTubeへの導線といった意味合いが強い投稿ですよね。

しかし、ここから少しずつ変化していきます。

2021年7月頃の投稿一覧

テイストが変わりましたが、知識系の投稿は変わらず、YouTubeへの導線ですよね。

2022年1月頃の投稿一覧

テイストも変わりましたが、内容は知識系の投稿が多いです。

2022年3月頃の投稿一覧

TOKYO不動産大学

ガラッと物件の投稿が増えました。そして写真と動画(ルームツアー)で構成されていますが、物件情報の記載も充実。ものすごく見やすい。ストーリーズも活用されている!

これは確実に何かを試そうとしている!これは聞かなければ!と思い立ったのが吉日でした。すぐに連絡させていただき快くインタビューも快諾いただきましたので、Instagramの投稿を中心に探ってまいりたいと思います。

― 稲垣社長、本日はよろしくお願いします!早速ですが本題です。TOKYO不動産大学のInstagramの投稿ですが、前回インタビューした時と現在の投稿のテイストがガラッと変わりましたね!何かきっかけ等ございますか?

おお、良く気付いてくれましたね!実は、2021年に弊社の物件をポータルサイトで売りに出していました。しかし数ヶ月掲載していても問い合わせ1件2件といった状態で、全然売れずにいました。損切りしてでも売ろうと思い、300万円程度値下げをしてポータルサイトに出したのですが、それでも売れずに。

そこで知人に相談したところ、「安いから売れますよ」と。そして「Instagramのストーリーズを活用しましょう」と言われたんですよね。そしたら売れたんですよ!

― 売れたんですか?!凄いです!

あ、これはInstagramもしっかり活用しないと、と思いました。導線ではなく、しっかりここで情報を伝えていこうと。それがきっかけですね。

そこから投稿フォーマットを研究して、今も色々試しながらではありますが少しずつ成果も出てきました。

写真も動画でもしっかり情報を伝えるようにしています。メリットデメリットや地域の情報、最後は弊社なりの評価も付け加えています。

― 東京不動産大学っぽさが出ていて凄くいいですね!

そうです、東京不動産大学の良さも出しつつ、これをやってから「詳細ください!」というメッセージも来るようになりました!

― 値下げした物件だから、ではなく普通に反響がくるところまで来ているんですね…!

はい!今ですと、だいたい月に15件くらいは「詳細欲しいです」と来るようになりましたね!値下げ情報なんかはストーリーズや一度DMくださったお客様にはDMでもお送りしたりしていますね。「先月から500万円下がっています」と。そうするとまたお客様も反応してくださり、良いサイクルになってきていますね。

― インスタで売買物件が売れる時代になったのですね…!他のSNSも好調ですか?

YouTubeもLINEからも問い合わせはありますね。今YouTubeがチャンネル登録者数3,050人、LINEで860人、Twitterで6,944フォロワー、Instagramで4,747フォロワーですが、十分集客に繋がっていますね。ですので、もちろん数も大事ですが、どのプラットフォームで、どういったフォロワーに何を発信していくのかが本当に大切だなと思いました。今では月間30件以上のお問い合わせをSNS経由でいただいております。

― 売買の反響30件以上をSNS経由で獲得しているのですか?!驚異的です!SNS戦略が確実に成果に結びついてきていますね!

はい!獲得できています!ただ、YouTubeもTwitterも他社さんに実施をオススメしても、やはり個人の色も強かったり、コンテンツの独自性もありますし、再現が難しいんですよね。その点でいうと、Instagramはコンテンツが物件なのでどの会社でも再現性があると思います。

― 今のInstagramのコンテンツは自社で制作しているのですか?

いえ!これは外部に依頼しています!動画は弊社で撮影して、編集等を依頼しています。

― なるほど!その会社さんのことを伺っても大丈夫ですかね?!Instagramいいな!って思ったとしてもあのクオリティの動画作れるかな?とかフォロワー集まるかな?って不安になる会社さんもいらっしゃると思いますので(先方確認済)

確認して大丈夫!とのことだったので少しお話ししますね!フォロワーも1,000人まで集めてくれることを確約してくれるのでそういった部分でも安心かと思いますね!

― 面白いですね!ライトドアさんのInstagramを活用した集客施策。少しだけ下記にてご紹介いたします。

ライトドアさんのサービス概要

※注意事項:プランにより提供サービスが異なりますので詳細はライトドアさんまでお問い合わせください

・週2-3物件の投稿(画像と動画4-6本)

・週4-6本のストーリーズ投稿

・フォロワーアップ施策(1,000人確約)

・コメント及びDM対応

・物件撮影

■Instagram運用についてのお問合せ先

プロフェッショナルプランですと、撮影までつくので何もしないでInstagramの運用ができますね!専任で担当をつけるくらいなら頼んだ方が成果出そうですね…

はい!賃貸でも成功事例があるので、是非まずはInstagramにチャレンジして欲しいですね!

― 本当ですね!売買で15件の反響って驚異的ですね….!フォロワーさんも自分で物件を一から探すより、こうやって情報を得られることで、良いものだけに問い合わせができるので、お互い効率がいいですよね。

はい!ライトドアさんにも、これにさらにインフルエンサーを活用してはどうかって話ををしたりしていますね。弊社で色々テストしながらよりサービスのブラッシュアップをして欲しいと思っています。そしてより多くの会社さんにも活用してもらいたいと思っています。

― 素晴らしいです!いざ、やりましょう!といっても大変な部分もありますし、特にSNSでの集客は結果が出るまで時間がかかったり、全く成果が出なかったり、ということもあるので、こういった売上UPの成功事例があるのはいいですね!

はい!また地域性や業態もありますので、真似されたからどうっていうのもありませんし、それであればこういったやり方もあります!というのがより多く広まった方がいいと私は思っています。

― ありがとうございます!私たちPR BASEも不動産関連のSNSを紹介しているので、運用サポートもできたらと思っておりましたので非常に勉強になりました!最近ではPR BASEでご紹介しましたが、サウナ不動産にもチャレンジされていますね?!

 「サウナ不動産」に見るコンテンツ×不動産の可能性[南総合研究所]

実はゲーム×不動産という切り口でゲーミングハウスの物件を前に作ってみたのですが…

一件もお問い合わせは来ませんでした(笑)

― これはこれで面白いですね!ニーズがあるかは分かりませんが私は好きです!この物件はその後どうなったのですか!?

普通の物件として売れました(笑)買主さんも「良いスペックのPCがあって嬉しい!」と仰ってくれたので結果オーライです!もちろん失敗もありつつ、そこから得られたモノを次に活かしていく、ということをずっと続けていきたいと思いますね。今後もこういった切り口のサービスはリリースしていきたいと思います。今も検討中のサービスがあるので、それはまた次回にでもお話しさせてください!

― 様々なチャレンジをしている稲垣社長の今後も追いかけたいと思います!

はい、今回のInstagramでの集客もここ1年でようやく辿り着いた一つの勝ちパターンだと思っています。次回インタビューしていただく際も、面白いお話が出来るようにたくさんチャレンジしていきますね!

株式会社KIZUNA FACTORY(キズナファクトリー)

東京不動産大学

TOKYO不動産大学

東京不動産大学

稲垣ヨシクニ@KIZUNA FACTORY

【管理会社様必見】
入居者からの問い合わせ電話を
削減する入居者サポートツール

詳細はコチラをClick!

関連する記事